〒206-0812 東京都稲城市矢野口2290-3
  • 特大
  • 大
  • 標準

病気のおはなし

犬のバベシア症のおはなし

犬のバベシア症

犬のバベシア症とは赤血球内にバベシア・ギブソニーなどの原虫が寄生して貧血などの症状を引き起こす病気です。マダニによって媒介されマダニが2-3日吸血することで感染するため定期的なマダニ予防を行い感染を防ぐ対策が必要になります。日本でも西日本を中心に感染が認められます。

 

1、バベシア症の症状

溶血性貧血 血小板減少 発熱
脾臓などの臓器の腫脹 糸球体腎炎 食欲不振・衰弱など

2、バベシア症の診断

  1. 血液検査
    バベシア症は免疫性の溶血性貧血と症状が類似しているためそれらとの鑑別が必要になります。まず一般的な血液検査で貧血や血小板減少の程度、内臓の異常などを調べ、溶血性貧血が疑われる場合は免疫性の溶血性貧血を診断するクームス試験やバベシアの感染を調べる遺伝子検査(PCR法)を行います。症状が強くない場合は感染していても検査で陰性が出る場合があります。
  2. レントゲン、エコー検査など
    臓器の腫脹を確認したり腫瘍などその他の溶血性貧血を起こす可能性のある疾患の有無を検査します。

 

3、バベシア症の治療

バベシア症に一度かかってしまうと完全に駆除することは困難と言われています。バベシア症の駆除薬は副作用も強く耐性も問題となっています。急性期の治療と慢性期の治療で使う薬剤に違いがあります。

1)急性期の治療(重度の貧血があり早急にバベシア原虫を抑制したい場合)

  • ジミナゼン
    牛の原虫症治療薬で昔から使用されている薬剤です。1日1回~2日に1回、合計1-3回の注射を行います。副作用の感受性は個体差があり注射部位の疼痛、腎不全、肝障害、小脳出血などの重度な副作用も報告されています。
  • アトバコン
    2012年4月に発売されたばかりの新薬です。1日2回、1週間~10日の経口投与を行います。
    アジスロマイシンとの併用療法も効果が認められたとの報告があります。しかしこれらの薬剤でも完全駆除は難しく、再発時には耐性を起こしやすいといわれています。

 

2)慢性期の治療(症状が無い場合や軽度の貧血、再発予防などの維持療法を行う場合)

  • クリンダマイシン等の多剤併用療法
    安全性が高いですが原虫抑制効果は弱く即効性に欠ける方法です。慢性期などでバベシアを増やさないように使う意味合いがあります。1日2回の内服でPCR法などの検査でバベシアの検出がなくなるまで行います。

 

4、バベシア症の予後

治療を行っても多くの症例が完治することがなく慢性感染を起こした状態で再発を繰り返す場合があります。その都度治療を行いますが薬剤に耐性ができた場合治療が難しくなる場合もあります。バベシア症は感染させない事が重要であり、マダニを介した感染、母犬から子犬、輸血など血液を介して感染が拡大するため飼い主さんは周囲に感染を広げないように十分注意する必要があります。

 

>>病気のおはなし一覧へ

  • ホーム
  • 動物病院紹介&診療時間・地図
  • 診療案内
  • ペットホテル・トリミング
  • 初診受付サービス
  • 病気のお話
  • トリミングブログ
  • スタッフのひとりごと